日本人初のアーユルヴェーダ医師

外国人初 アーユルヴェーダ医師の門を世界へ開いた方

日本には世界に誇れる素晴らしい方が多くいらっしゃいますが、日本人初のアーユルヴェーダ医師であるイナムラ・ヒロエ・シャルマ先生もその一人です。

日本人初はもちろんのこと、かつてアーユルヴェーダ大学で外国人の入学を許可した前例がなかった為、入学するだけでも困難を極めその道のりは相当に険しかったようです。

その様子が先生の著書「美しく豊かに生きる」に書かれています。 この本はずっと読みこんでボロボロになってますが、アーユルヴェーダを学びはじめの方にも分かりやすく、それでいて神髄に触れる内容でおすすめです。

シャルマ先生とその教え子のジャムナガール大学の薬物学教授 

当時アーユルヴェーダ大学の鉱物薬学の教授であった ご主人のProf.H.S.SHARMA 先生との不屈の直訴と政治家の方のお力添えもあり、アーユルヴェーダ医師への門が稲村先生により世界へ開かれることとなりました。


シャルマ先生の教え子でジャイプールの大学教授と稲村先生

シャルマ先生は 元国立グジャラート・アーユルヴェーダ大学大学院学長であり、鉱物薬学では権威の方でインドの各地に先生の教え子が多くいらっしゃいます。


稲村先生は外国人で初めてアーユルヴェーダ医師になられただけでもすごいのですが、グジャラート・アーユルヴェーダ大学を首席で卒業という成績で、 10年間インドのジャムナガールでアーユルヴェーダの診療をされていました。

>>その素晴らしい経歴はこちら

帰国後の普及活動

日本に帰国されてからはアーユルヴェーダを広めるために、はじめは保健婦のアルバイトをしながら自作のチラシを作り配布してまわったとのお話しも(;゚Д゚)

大阪アーユルヴェーダ研究所を設立し、研究や指導、カルチャーセンターでの講師や 日本アーユルヴェーダ学会での発表や現在は副理事長を務められ、この四半世紀、日本へのアーユルヴェーダの普及に精力的に活動を続けていらっしゃいます。

2006年 大阪アーユルヴェーダ研究所 

アーユルヴェーダ基礎講座、 薬物学の修了書授与式

昨年はアーユルヴェーダの三大医書の中でまだ翻訳がされてなかったアシュターンガ・フリダヤム をイナムラ・ヒロエ・シャルマ先生が翻訳、ハリシャンカラ・シャルマ先生監修によって出版されました。


アシュターンガ・フリダヤム
アシュターンガ フリダヤム

待ち望まれた出版であり、(これだけ分厚い本の内容を)サンスクリット語から翻訳されるという偉業に、日本とインドの 多くアーユルヴェーダや医療関係者から感謝が寄せられています。

2020年の日本アーユルヴェーダ学会 研究総会

今年のアーユルヴェーダ学会の大阪研究総会では稲村先生は副大会長をされ、

大会長はクシャラ・スートラ(アーユルヴェーダの痔瘻の外科治療)の日本での研究・臨床・導入に多大な貢献された医師の田澤賢次先生とともに行われますよ!

シャルマ先生、田澤先生とインド研修移動の寝台列車にて
田澤先生が日本でのクシャラ・スートラの臨床を発表されたインドのアーユルヴェーダ国際会議に私も参加

「 インドのものが日本にいくとより良くなる 」と高い評価を受けていました。

今年の大阪研究総会も楽しみですね(^▽^)/

イナムラ先生 再びサロンへ

2017年の日本アーユルヴェーダ学会福岡研究総会では稲村先生の講演のお世話をさせて頂きましたが、その時にまだOPEN前の準備段階のサロンに

「ここでサロンをします」と

稲村先生に見て頂き、いろいろとアドバイスを頂きました。

2年前の準備段階のサロン


今回 2年ぶりにサロンに来て頂くと

「サロンらしくなったわね」言われ、

今回もいろんなアドバイスやお客様へのアーユルヴェーダケアのご報告や質問にもたくさんご意見やお答えくださり、

先生の研究所で学ぶ福岡在住の生徒さんのアビヤンガ・スウェーダナ・ネトラタルパナの実習をこのサロンで行って、学び多き貴重なひとときを過ごさせていただきました。

先生が最近手が痛いとのことでハンドマッサージ

福岡の食をご紹介

2017年に福岡にいらっしゃった時には、日本アーユルヴェーダスクール校長の
クリシュナ.U.K先生いきつけの精進料理のお店で会食され、夜はイカの活き作りなど九州の海の幸を味わっていただきました。

 

今回は山口県の先生の門下生のご案内で前日はふぐをご堪能され、福岡では中国薬膳の人気のお店「薬膳 天地・礼心」にご案内し、たくさん召し上がられました。




大阪へ帰路の途中、「薬膳ランチ美味しかったです」という 先生からのLINEも届きました(⌒∇⌒)

2年前の稲村先生のお言葉

2年前に来ていただいた時の稲村先生の

「あせらず、こまめに、正しく、丁寧に、お客様に愛されるサロンを立ち上げてください。ご健闘を祈ります。」

そのお言葉を大切に、お客様や学びに来られたご縁のある方々に、私のできることをその時々丁寧に、道を誤ることなく皆さまのお役に立てることができればという思いで致しております。

まだまだ 未熟なサロンですので、皆さまのご意見を賜りながら成長し、より良い場となるように努めてまいりたいと思います。

本年も何卒よろしくお願いいたしますm(._.)m

また福岡に先生をお招きして、お客様やスクール生もお会いできるようなイベントができたらと思っておりますので、ご要望などございましたらぜひお知らせくださいませ(o^―^o)